Metaphorical Dream

<   2008年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

Fatal Love

久しぶりに早く帰宅できたw
なので、昔、作った曲を聴いてみたwww

Fatal Love

運命的
宿命的

っていうよりも、

致命的な愛

っていうイメージなんだろうか?
それはオレが今の仕事をしてるからか?
Linuxでコンパイルとかすると、
「fatal error」って良く目にするし。>それは違うからw

今考えてみれば、このフレーズだけで一曲書けそうだ(笑)
やっぱり、studio f は天賦の才があるのやもしれん。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
愛は降り積もる まるで雪のよう
静かに堕ちて 沁みてゆく心に
砂漠の砂に似て 乾いた心は
水を 吸うように
愛を 求めている

深さ知れない 赤い川は
私の心を 静めてゆく
頬を流れてる 熱い雫は
あなたへの想いを 流す雨
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

まさにmetaphoricalだなぁと、唸ってしまう。

Remixじゃなくて、バラ色みたくRecomposeしたらいいかも。

すきま風が入ってきて、オレん家、寒い。。。
ストーブの代わりにCat5の電源でも入れてみるか(笑)

[PR]
by mdesign21 | 2008-12-17 23:15 | Diary

ダメだ、こりゃ

矢島美容室の動画をどうしても見たくなって見てしまった。。。

こんなことしてる暇ねぇのに。

矢島工務店を思い出してしまうのは、もう歳なんだろうか?

「お琴界の小室になる」は名言だったなぁ(笑)

眠いっす。

[PR]
by mdesign21 | 2008-12-16 01:19 | Diary

目を合わせるのが

怖かった。

と言われたのは初めてで少々複雑な心境です。

現場(顧客がテスト予定のフロア)で、
有線&無線のTLS認証や、RADIUS Attributeを使ったDyanmicVLANの
複数SSID&SWの動作確認をお願いし、
他フロアの仕上がり状況を見回って戻ってきたら、
ほとんど進んでいないような状態となってました。

タイムリミットまで、あと30分も無い状態。

当然、「瞬殺モード(※)」のスイッチが入るわけですが、
そのときの表情がちょっぴり怖かったっぽいです。
 ※
 語弊の無いように注釈入れておくと、
 動作確認をお願いした方を瞬殺するのではなく、
 残ったタスクを時間内に瞬殺するという意味です。

こんなスイッチを入れることなく、瞬殺できるエンジニアになれるよう精進します。

良い例えがあんまり見つからないのだけれど、
湖面に波紋を広げることなく、獲物を捕らえる水鳥の如く。
何が起こったのかわからないのだけれど、後から雷鳴だけが轟くような感じ。

[PR]
by mdesign21 | 2008-12-13 03:08 | Diary

マネジメント

には全く興味がないんだが、それっぽいことをやってる。

オレの下に2人ほど専属で協力会社の方が付いてくれてる+サーベイヤーが5人ほど居るからなんだけど。

最低、週に1回はMtgを開いて、残タスクの進捗確認や新規タスクの割り当てなどをやっているんだけど、何とか皆付いてきてくれているような気がする。。。

気がするだけではダメなんだけどね。

ただ、教育していく上で一つだけ間違ったことに最近気付いた。

それは、毎晩終電ソリューションってこと(^^;

オレはいいのだけれど、他のメンバー(特に協力会社の2人)は、それが普通と錯覚し始めているかもしれない。

現場が終わって「直帰してもいいよ」と言っても、「帰るところは事務所しかないでしょ?」と言われるようになってしまったw

「オレ、直帰してぇ~」って猛烈に思うときや、ボスから「直帰しろ!」と言われているときでさえ、「何言ってるんですか?やることは山ほどあるじゃないですか?」と言われてしまうので、「そうだよねぇ~」ってことになってしまう。

軽く鍛えたつもりが、強靭な身体になってしまったようだ。。。

マズイ。
このままじゃマズイ。
けど、2人で独自に動いてくれるようになれば、オレが楽になるかもしれない。

悩むぅぅぅ。。。

[PR]
by mdesign21 | 2008-12-12 01:10 | Diary

よし!

無数のタスクがあるのは承知。

でも、一個づつ確実に倒して行こう。

手戻りが無いように。

できない理由を探すより、できる方法を考えよう。

皆が諦めかけた頃、オレの6速が入るでしょう

[PR]
by mdesign21 | 2008-12-04 01:42 | Diary

領域

ヤバイ!って言葉はあんまり使いたくないんだけど仕方ない。

無線、認証、音声とそれを支えるPKIやらサービス、仮想化etc
構築が本格稼動し始めて、いつの間にか多くの人が辿り着けないところ(=領域)まで来てしまった感が否めない。

まいったなこりゃ。

それぞれ単体の技術であれば、何とかなるのやもしれんが、「トータルでできる」ってことになると、やっぱりオレがやるしかないじゃんってところに回帰してしまう。

直属の上司には「技術力では文句なし」と言われたけれど、それを周りにAdvertiseして「できる」ように育てるのが今のオレの課題なんだなぁと思う。

でも、まだ5速。

[PR]
by mdesign21 | 2008-12-02 01:46 | Diary