Metaphorical Dream

<   2008年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧

fanの音

PCのケースFanや電源Fanの音の位相を変えることってできないかなぁ。。

位相の異なるFanの音同士をぶつけれ、無音ないしは消音できるのに。。。

[PR]
by mdesign21 | 2008-11-09 14:00 | Diary

小室さん逮捕

巷で話題になってますが。

今さらどうってことはないのだけれど、やっぱりショックだねぇ。

オレの青春の大半が、彼の作ったモノに彩られていたから。

800曲中に「Electric Prophet」も含まれているとなったら、さらにショックだねぇ。

有名ではないけれど、「Electric Prophet」だけは、
彼の作ったモノの中で、名作と言って良いと、今でも思っている。

[PR]
by mdesign21 | 2008-11-05 00:43 | Diary

ESXiでNFS

パターン1
NFS鯖:CentOS5.2
NFS蔵:ESXi

パターン2
NFS鯖:WinXP with SFU3.5
NFS蔵:ESXi

パターン1であれば、Mount&ReadWriteがOK
パターン2であれば、MountがNG


パターン3(切り分けのため)
NFS鯖:WinXP with SFU3.5
NFS蔵:CentOS5.2

パターン3であれば、Mount&ReadWriteがOK

う~ん、ESXiにもう少し自由度があれば、簡単にMountできそうなんだけどなぁ。

ESXiで作成したVMfileをWin側に持ってきてbackupしたいのですよぉ。
あとは、ESXi上で動作しているゲストOSに対して、Win側からVMWareConverterを実施するか?なのかなぁ。

要件をより厳密化して、アプローチを変えたほうが良いのかなぁ。
ただ、できること&できないことを明確化した上で、どれが最適か?を見極めたいんだよねぇ(^^;

[PR]
by mdesign21 | 2008-11-04 01:36 | Diary

VMWareインフラリニューアル中間報告

ESXi
・DataStoreへのVMfileのUpLoadはOK(でも遅い)だが、DownLoad時にI/Oエラー発生でNG
・DataStore内のVMfileをコピーする際にエラー発生の可能性有り(かつ遅い)
・NFS経由でどうか?を確認要
・VMfileのUL&DLがOKとならないと、完全スタンドアローンマシンになってしまう
・NFSでOKとなった場合でも、それ専用のLinuxSrvを立てておかないとダメ?
・WindowsでNFSサービス稼動できるかな?

VMWareServer2.0 x86_64 for Linux(以下、VMWS)
・CentOS5.2 x86_64にインスト完了
・i386でもOKだったがメモリ8GBマシンなためOut of 眼中
・Phenom9350e(4core 2.0GHz)なのに、VM上では4core 1GHzと認識される。
 BIOSにて、SecureVMmode on/offを試したけど変化なし。表示だけの問題かな?
・VMfileのUL&DLは、WinXPからSamba経由だと300Mbpsくらい出る(鼻血出そうなくらいステキ)
・VMWS1.x系のVMfileをImportする際にVMWareConverter3.0.3を使用→成功
 ただし、VMIC経由ではHardware構成を変更不可。
 ブラウザからのWebAccessであれば変更可能
 当然、アクティベーションが走ってしまうのだが。。
 

VMWareServer2.0 for Windows
・WindowsXPにインストできるけど、VMIC経由でのアクセスやブラウザからのWebAccessが不可。
 "netstat -an"で確認したところ、TCPの8333や8222が開いてない様子
・WindowsSrv2003にはインスト時にエラーが出てしまう
 エラー内容忘れてしまった
・今まで作成したVMfileは、VMWS1.x系のため、これをVMWS2.x系に統一したいのだが、
 WinXPでVMWS2.x系が正常に動作しないと、VMWS1.x系を残しておかねばならん。
 VM専用マシンとして、ML115G5を2台稼動させておけばそれはそれで問題ない。
 けれど、自宅で作成したVMfileを他の場所(職場や非力なマシン上)でも使用できないと、仮想化のメリットが半減してしまう。
 かといって、ホストOSを「全てLinuxKernelにしてしまえ!」というほど、Linuxは詳しくないし(^^;
  注)Linux詳しくない=自分だけでゴリゴリ仕事するならさほど問題ないけど、
  チームワークを考えた場合、WinOnlyユーザさんたちへのデータ提供なり、
  互換性を保持できるか?ってところまで突っ込むと、オレのLinux知識では
  サポートできんってこと。ちょっと言い訳っぽいけど(笑)

1.VMWS2.x系のアップデートを待つか?
2.VMWareConverterでゴリゴリコンバートを頑張るか?
3.VMWworkstation6.5を検討するか?

2.が一番現実的ではあるけど、ゴリゴリなんだよなぁ~本当に。
あとは、1.が出るまで、VMWS1.x系を継続するか?
 まだ調べてないけど、4core&8GBメモリの恩恵を最大限受けられないのかな?

[PR]
by mdesign21 | 2008-11-03 23:57 | Diary

正社員

もうあと1時間もすると、オレは正社員になります。

己の夢と共に、オレの夢をも背負ってくれた友が居る。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
挫折は希望の道に 続いていると信じて
光り輝く彼方へ
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

今のオレにできること

それは、最後の作品に「Produced by」をクレジットするだけでなく

いつかまた交わるかもしれない"その道"まで

全力で一所懸命に(一つ所に命を賭して)突き進むこと。

今のこの選択が「"その道"へのベストパスだった」と、

胸を張って言えるようにするために。

"その道"は、RoutingProtocolみたく学習できるもんじゃねぇし、Advatiseされるもんでもねぇ。

己が切り開くモノだ!


『バラ色の選択』

それは「選択が即ち終わり」なのではなく

己の選択が正しかったことを証明するための決意であり、

「光り輝く彼方へ」の道しるべとして、

己の志(=選択)を貫くための信念なんじゃないか?って思う。

いつか上に書いた「?」が、確信に変わる"そのとき(道)"まで。

[PR]
by mdesign21 | 2008-11-01 00:00 | Diary