Metaphorical Dream

2010年 04月 26日 ( 1 )

scst その1

このブログを検索する場合、googleで「sector/shpere」を
検索キーにすると一発で出てくるw

んまぁ、それは良いとして。

qla2x00tgtのbuildに四苦八苦していましたが、
以下の組み合わせでOKっぽいことが判ってきたw

NG1
 CentOS5.4 x86_64
 linux-2.6.28.3.tar.gz

NG2
 CentOS5.2 x86
 linux-2.6.28.3.tar.gz

OK1
 CentOS5.2 x86
 kernel2.6.26

個人的にはNG1の構成でscstとqla2x00tgtを動作させたいわけですよ。

Openfiler2.3にて、サクッと動作することは確認済みなんだけど、
それはそれとして置いておこうと思う。

というのも、
 ・HBAを挿入するタイミングが指定されている
 ・必要最低限のモノしか入っていない
って辺りが個人的にちょっとごめんなさいなので。

ちなみに、
 scst(SCSI Target Subsystem)
 qla2x00tgt(QLogic2x00系のTargetドライバ)
なんですが、
こやつらがyumでサクっとインストールできる日が
いつか来ることの待ち望んでいます。

オレはFCスイッチ周りの事もあるので、
一足先にKernelをゴリゴリBuildさせてもらいますが。

久々にBuildしたけどやっぱり愉しいね。

make menuconfigの画面で、
Driver周りをちょこっといじれば良いだけなんだけど、
他のDriver項目を超ガン見しちゃいましたよ。

Korg1212IOのDriverとかが入っていたのには感動したw

[PR]
by mdesign21 | 2010-04-26 00:56 | IT系