Metaphorical Dream

2010年 04月 09日 ( 1 )

死にたくなる資格 進捗率1

「死にたくなる資格」ですが、
四の五の言ってないでやっています。

181/190 OK 95.3%
0/190 微妙 0.0%
9/190 NG 4.7%

先日のブログに
「で、だから、どうしたの?」感が否めない
と書いたけど、
どれほど「否めないのか?」をお披露目しておく。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
<問1>
ソフトウェアのリリース内容はどこに保持されますか。

【選択肢】
 A.キャパシティ・データベース(CDB)
 B.構成管理データベース(CMDB)
 C.確定版ハードウェアの保管庫(DHS)
 D.確定版ソフトウェアの保管庫(DSL)

【解答&解説】
 D
 ソフトウェアのリリース内容は、DSLに保持される。


<問2>
リリースされたソフトウェアに関する情報はどこに記録されているか。

【選択肢】
 A.構成管理データベース(CMDB)
 B.キャパシティ管理データベース(CDB)
 C.確定版ソフトウェアの保管庫(DSL)
 D.確定版ハードウェアの保管庫(DHS)

【解答&解説】
 A
 CMDBにはリリースしたソフトウェアの情報が記録されている。
 ソフトウェアのオリジナルコピーを保管するDSLと混同してはいけない。
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

オレは上記問題の違いが解らなかった。

当初「オレはバカか?」と自分のホッペをグーで殴ってみたりもした。

けど、じっくり読み砕いてみると、
「こんな問題を出す方がおかしいんじゃないのか?」
と思えてくる。

ってなわけで、「死にたくなる資格」と命名した次第です。

ちなみに、
「ソフトウェアのリリース内容」

「リリースされたソフトウェアに関する情報」
の違いがオレにはわからん。

なので、上記の違いがわからないオレが、
ただただ試験にPassするだけの覚え方をするならば、
 保持するのは、DSL
 記録するのは、CMDB
ってところなのか?

念のため、もう一度書いておこう。

炎上した状況をどうにかできるのは、
言葉(=上記の違いが解る人)ではなく、
前提となる技術や技術者なわけで。

もし、こういう資格で飯が食える人が居るのだとしたら、
それこそIT業界は詐欺師の集団か?と思えてくる、悲しいかな。

[PR]
by mdesign21 | 2010-04-09 00:12 | Diary