Metaphorical Dream

2009年 10月 25日 ( 1 )

ESX4.0 VMWareFT

Overjoyedが好きなのはもちろんなんだけど、
今回はMan in the Mirrorで検証実施。

VMWareHAとVMWareFTの大きな違いは、
仮想マシンを再起動するか否か?ってところ。

んで、Man in the MirrorをMcastストリーム配信で
気持ち良く聴きたいので、VMWareFTを選択。

いざ!検証実施。
e0113173_1342449.jpg

上記の状態で、192.168.11.73のホストが接続されているSwitch側のPortをshut。

1.切替時:25秒=Michaelの声が聴こえなかった
2.切戻時:2-3秒=Michaelの声が聴こえなかった

3.切替時:4秒=Ping疎通断
4.切戻時:2-3秒=Ping疎通断

全然気持ち良く聴けないんっすけど。。。

オレにとっては、1.が全然大事なんっすけど、
どうしてくれんじゃい!と。

んまぁ、でも
 「100Mps*2(FEC)接続じゃあ、ダメですね。」
と言われる環境なので、もうちょい方法を考えよう。

ちなみに、黒板五郎さんの配信はやめておいた。
号泣して検証どころではなくなってしまう。

「ほたるぅ~、、、いつでも富良野に帰ってくんだぞぉ~。」

今度はVMWareHAの方をやってみたいと思う。
DRSやDPMはやり方を検討中です。

[PR]
by mdesign21 | 2009-10-25 23:30 | IT系