Metaphorical Dream

2008年 11月 23日 ( 1 )

Linux CentOS5.2 Bonding Interface作成

(1)
以下のファイルを開く。

vi /etc/modprobe.conf


(2)
Linux自体でBonding InterfaceをEnableにする。

alias bond0 bonding
options bonding mode=0 miimon=200

Optionのモード設定などは以下のURLを参照
http://www.redhat.com/docs/manuals/enterprise/RHEL-4-Manual/ja/ref-guide/s1-modules-ethernet.html


(3)
Bonding Interfaceの設定ファイルを作成する。

vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-bond0

DEVICE=bond0
BOOTPROTO=none
ONBOOT=yes
IPADDR=192.168.100.10
NETMASK=255.255.255.0
NETWORK=192.168.100.0
BROADCAST=192.168.100.255


(4)
eth1をBonding Interfaceに加える

vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth1

# Intel Corporation 82572EI Gigabit Ethernet Controller (Copper)
DEVICE=eth1
ONBOOT=yes
BOOTPROTO=static
HWADDR=00:1b:21:2a:5f:e9
MASTER=bond0
SLAVE=yes


(5)
eth2をBonding Interfaceに加える

vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth2

# Intel Corporation 82572EI Gigabit Ethernet Controller (Copper)
DEVICE=eth2
ONBOOT=yes
BOOTPROTO=none
HWADDR=00:1b:21:2a:5e:67
MASTER=bond0
SLAVE=yes


(6)
んでもって、ifupとかやればOKなんだけど、
「きちんとBondingされたぜ!」ってところを見たければ、
netwrokサービスをリスタートしましょ。

/etc/rc.d/init.d/network restart

インターフェース eth0 を終了中: [ OK ]
インターフェース eth1 を終了中: [ OK ]
インターフェース eth2 を終了中: [ OK ]
ループバックインターフェースを終了中 [ OK ]
ループバックインターフェイスを呼び込み中 [ OK ]
インターフェース bond0 を活性化中: [ OK ]
インターフェース eth0 を活性化中: [ OK ]

上記のように終了するときは、eth1とeth2が表示されるけど、
起動するときは、bond0のみになってればOKかなと。

[PR]
by mdesign21 | 2008-11-23 23:25 | Diary