Metaphorical Dream

2008年 11月 22日 ( 1 )

Linux CentOS5.2 VLAN Interface作成

(1)
以下のファイルを開く。

vi /etc/sysconfig/network


(2)
Linux自体で802.1qをEnableにする

VLAN=yes
VLAN_NAME_TYPE=DEV_PLUS_VID_NO_PAD

VLAN_NAME_TYPEの詳細は(6)にて解説


(3)
物理NICのIP-AddressをOFFにする

vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-ethX

X=0からの数字。一番最初にあるNICが0になる。
今回は増設NICのため、1となる。

↓こんな感じ。
# Intel Corporation 82572EI Gigabit Ethernet Controller (Copper)
DEVICE=eth1
ONBOOT=yes
BOOTPROTO=none
HWADDR=00:1b:21:2a:5f:e9

↓IPアドレスの設定を消すのが不安ならこんな感じで#にてコメントアウトしてもOK

# Intel Corporation 82572EI Gigabit Ethernet Controller (Copper)
DEVICE=eth1
ONBOOT=yes
BOOTPROTO=none
HWADDR=00:1b:21:2a:5f:e9
#IPADDR=192.168.11.31
#NETMASK=255.255.255.0
#NETWORK=192.168.11.0
#BROADCAST=192.168.11.255


(4)
論理NIC(=VLAN Interface)の作成

vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth1.100

以下のような設定してみる。

DEVICE=eth1.100
BOOTPROTO=static
ONBOOT=yes
IPADDR=192.168.100.10
NETMASK=255.255.255.0


もう一個作ってみよ。

vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth1.200

以下のような設定してみる。

DEVICE=eth1.200
BOOTPROTO=static
ONBOOT=yes
IPADDR=192.168.200.10
NETMASK=255.255.255.0


(5)
んでもって、ifupとかやればOKなんだけど、
「きちんとVLANが作られるぜ!」ってところを見たければ、
netwrokサービスをリスタートしましょ。

/etc/rc.d/init.d/network restart

↓こんな感じでメッセージが表示されればOK。

インターフェース eth0 を終了中: [ OK ]
インターフェース eth1 を終了中: [ OK ]
ループバックインターフェースを終了中 [ OK ]
ループバックインターフェイスを呼び込み中 [ OK ]
802.1Q VLAN パラメーターを設定中: Set name-type for VLAN subsystem. Should be visible in /proc/net/vlan/config
[ OK ]
インターフェース eth0 を活性化中: [ OK ]
インターフェース eth1 を活性化中: [ OK ]
インターフェース eth1.100 を活性化中: Added VLAN with VID == 100 to IF -:eth1:-
[ OK ]
インターフェース eth1.200 を活性化中: Added VLAN with VID == 200 to IF -:eth1:-
[ OK


(6)
VLAN Interfaceの表記方法(ファイル名)を変える。

またまた、以下のファイルを開く。

vi /etc/sysconfig/network

「VLAN_NAME_TYPE=」の値によってifcfg-」の後の表記が変わります。

VLAN_PLUS_VID⇒vlan0100
VLAN_PLUS_VID_NO_PAD⇒vlan100
DEV_PLUS_VID⇒eth0.0100
DEV_PLUS_VID_NO_PAD⇒eth0.100

例えば、
vi /etc/sysconfig/network
にて、以下のように記述する

VLAN=yes
VLAN_NAME_TYPE=VLAN_PLUS_VID_NO_PAD

ip addressを設定する際は以下のようにする

vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-vlan100


DEVICE=vlan100
BOOTPROTO=static
ONBOOT=yes
PHYSDEV=eth1
IPADDR=192.168.100.1
NETMASK=255.255.255.0
NETWORK=192.168.100.0
BROADCAST=192.168.100.255

VLAN_PLUS_VIDやVLAN_PLUS_VID_NO_PADを指定する場合、
[PHYSDEV]に物理NIC名(=eth1)を追加指定することがポイント。

[PR]
by mdesign21 | 2008-11-22 23:22 | Diary