Metaphorical Dream

2007年 10月 21日 ( 1 )

テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験

惨敗ってことで。

事前にどれだけやったか?
とか
やる時間が無かったとか?
ってことは、
"試験"ってモノには無関係。

あるのは、"0"か"1"かだけ。
即ち、"落ちる"か"受かる"かだけ。
なので、結果を見なくても惨敗に変わりない。

ただ、勉強しているときに、ふと思ったことがある。

過去問(今受けてきた試験も含め)を読んでいると、「○○の理由を××字以内で具体的に述べよ」ってな設問が多数出てくるんだけど、オレから言わせれば全然具体的じゃねぇ。

オレがNWベンダーで働いているからなんだろうけど、「具体的ってのはそうじゃね~だろ?」ってツッコミたくなることが多々ある。

汎用的なスキルってのは、全体像を掴むのには適しているけれど、設計やら構築をする段階になると「絵に描いた餅」になりかねない。

例えば、インターネットVPNで本支店間を結ぶ際「IPSecが使用できる。」ってな話になったとき、「じゃあ今ここでやってみせてくれよ。」ってことになった場合、どれくらいの人が具体的に「やってみせる」ことができるんだろうか?

汎用的なスキルを持ちつつも、ある特定の製品で構わないから「実際にやってみせる」ことができなきゃ、「本当にエンジニアかよコイツ?」って思われてしまうんじゃないか?と、オレは思ってる。

それと話が変わって、試験会場からの帰り道、ウジャウジャいる人混みがウザかった。
ただ、この人混みの10%くらいがテクニカルエンジニアって認定されるんだったら、オレはCCIEの方がいいなぁって思った。

だって、日本国内には896人しか居ないだもん。
日本の総人口が1億2777万人(2007/08現在)だとすると、CCIEってのは142600人に1人しか居ない計算になる。

ちょっぴり、モチベーションが上がってきたっxxx

[PR]
by mdesign21 | 2007-10-21 18:22 | Diary