Metaphorical Dream

VMWareインフラリニューアル中間報告3

VMWareServer2.0 for Windows
■WindowsXPにインストできるけど、VMIC経由でのアクセスやブラウザからのWebAccessが不可
解決しました。

原因は、「VMWare Host Agentサービス」が予期せぬエラーで終了してしまう状態だっため。
しかも、「VMWare Host Agentサービス」を手動で起動しても、10秒程度で再度予期せぬエラーが発生。

なので、以下の方法を実施して解決。

1.まず、以下のファイルをtxtエディタで開く。

\Documents and Settings\All Users\Application Data\VMware\VMware Server\vm-list
(OSがインストールされているドライブに依存するので、ドライブ名は抜いて記載)

2.そうすると、以下のような表示が出てくる。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
# This file is automatically generated.
# Hand-editing this file is not recommended.
config "E:\My Virtual Machines\WinSrv2003R2_Ent\WinSrv2003Ent.vmx"→こいつを削除
config "E:\My Virtual Machines\fc5\Other Linux 2.6.x kernel.vmx"→こいつも削除
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

3.そして「config~」が付いている行を全て削除。

4.その後、VMWare Host Agentサービスを起動しなおせばOKでした。

上記の削除した行はInventoryの情報なのかなぁ。
VMWareServer1.x系をアンインストール後に
VMWareServer2.0をインストールすると、
上記のゴミな行が残ってしまうみたい。
新規でVMWareServer2.0をインストールする分には発生しないはず。
(vm-listファイルの「#」以下には、何も記載されないから。)

タグ
VMWare Server 2.0 WebAccessできない
VMWare Server 2.0 起動できない
Windows XP
VMWare Host Agent
予期せぬエラー

[PR]
by mdesign21 | 2008-11-14 15:39 | Diary