Metaphorical Dream

VoIPやSIP

デュアルフォンの無線インフラ設計をやる際、避けて通れないことだから、SIP鯖で簡易検証を実施してみることにした。

デュアルフォン担当ベンダとSIP鯖&PBX担当ベンダは、他社さんが担当するけれど、IP電話であればSIPだし、携帯電話であればPBXなことが、「全くわかりません。」では、無線インフラを担当すると言っても、お話にならない人の烙印を押されてしまう。

「うちは無線インフラ担当ですから。」
なんて、クソなことは言いたくないので、Asteriskを最終目標にチャレンジしてみようと思う。

ただ、いきなりIP-PBXなAsteriskにチャレンジしても、心が折れてしまいかねないから、前段階として、SIP鯖で呼制御のお勉強をしようと思う。

フェーズ1-1(同一subnet)
PC(ソフトフォン)---SIP鯖---PC(ソフトフォン)
フェーズ1-2(同一subnet)
PC(ソフトフォン)---SIP鯖---VoIPアダプタ+普通の電話機
フェーズ1-3(同一subnet)
SIP対応IP電話機---SIP鯖---VoIPアダプタ+普通の電話機
フェーズ1-4(別subnet)
SIP対応IP電話機---SIP鯖---Router---VoIPアダプタ+普通の電話機
フェーズ1-5(別subnet)
SIP対応IP電話機---SIP鯖---Router1(NAPT)--{Internet想定スイッチ}--Router2(NAPT)---VoIPアダプタ+普通の電話機

フェーズ2以降は千鳥DCの電話機にVoIPアダプタを取り付けて、電話番号からPSTNとInternetを振り分けできるか?などを確認してみよ。

オレん家はPSTNを敷設してないから検証できん(笑)

予算はリミット20万くらい。
スケジュールは1-5までであれば、11月中旬くらいまでに何とかしてやりたい。
モノさえ揃えられれば、何とかなってしまうと思う。

[PR]
by mdesign21 | 2007-10-27 03:39 | Diary