Metaphorical Dream

Channel Design

e0113173_0402282.jpg


最近、こんなん↑書きながら、無線LANのチャネル設計をしとります。

やり方はとっても簡単。
1. APを中心に円を描く。
2. その円の半径をRとする。
3. √(R*2+R*2)=Zとする。(*=累乗の意 R*2=R×R)
4. 円の中に正方形が出来て、その1辺の長さが、上記3の"Z"になる。
5. この正方形をフロアの平面図上に当てはめていく。

って、、、こんなことを仕事中にやっていると、「お絵かきしてるんじゃね~。」と
怒られそうなんだけど、顧客が厳しくてね。

必要なAP数の根拠を出せと言ってくるのです。

さすがに「オレの勘です。」とは言えないので、こんなん書いて机上設計した後、「電波サーベイを実施して机上設計(=AP数)に対する正確性を確認します。」なんて、お話をしてあげにゃ~ならんのです。

ってことをしながら、「フルルート受けられるようにしといて。」って、ボスから言われるし┐('~`;)┌

オレはまだCCNPだから、フルルートは早過ぎますってば、ボス!
だって、インターネット上のルート数って、20万ルートを越えてるんだよ。
(ついこの間調べたときは、既に21万ルートに達していたような。。。)

ちなみに、今回の案件に助っ人で参加してくれたCCIEな方は、何を血迷ったのか?Cisco2501でフルルートを受けてしまったことがあるらしい(笑)

今は最低でも512MBのDRAMがある、ネットワーク機器で受けるようにしましょう>フルルート

[PR]
by mdesign21 | 2007-09-23 01:02 | IT系