Metaphorical Dream

FC-SAN その2 Silkworm3250 分解写真

手持ちのSN200Model220もとい、Silkworm3250を分解してみたw

(1)全体
e0113173_0575175.jpg


(2)基盤アップ
e0113173_0581820.jpg


CPU:PowerPC
Mem:128MB(恐らく基盤に埋め込まれてる、と想定。)
HDD:256MB(Toshiba製CF)
Ethernet:(Chipが)Broadcom
FC:まだあんまり詳しくないので良くわからなかったです

あとはカバーのビスを全て外した後、
正面(SFPやEtherの口がある面)から見て
手前に引っ張るかたちで、カバーを外すことができます。

しかし、一番最初は中々外れず、
どっち方向へ力を掛けて良いのか?
わかりませんでした。

このため、大きめの釘抜きで、自分が思う方向へ
ゴリゴリと力を掛けていたところ、何とかカバーを外せました。

もう少しでご愁傷様になるところでしたw

それと、一番気になるのはやはりCFなわけで。
CFを読み込めるPCがメインで使用していたため、
Knoppix6でBootして、CFをマウントしようとしましたがNGでした。

仕方がないので、一応ddしてみたんですが、
この後はどう喰おうか?と少々悩み中です。

Silkworm3250がさらに一台あれば、
もう少し危険な橋を渡ることもできるかなぁと考え中。

[PR]
by mdesign21 | 2010-04-30 01:09 | IT系