Metaphorical Dream

scst その3

これで概ね手順が把握できたw

NG3
 CentOS5.4 x86_64
 kernel2.6.33

OK2
 CentOS5.4 x86_64
 kernel2.6.26

NG3の場合、KernelPanicになっちまった(涙)

x86とx86_64の大きな違いは、
make configする際、以下の項目が無いこと。

#grep -i highmem /usr/src/linux/.config

 CONFIG_NOHIGHMEM=y
 # CONFIG_HIGHMEM4G is not set
 # CONFIG_HIGHMEM64G is not set

「How to configure QLogic target driver for 23xx adapters.」では、
DefaultがCONFIG_HIGHMEM4G=yのところを、
上記項目のように変更しなさいと記載されているんだけど、
x86_64だと上記項目自体が無くなってたw

仕方が無いので、OK2でやったところ、
最後の方は小技を使いながらだけど、
何とかscst qla2x00tgtを正常起動することができたw

ここまでくれば、後は
 -adddev
 -asigndev
 target_mode_enabled
するくらいなので、雑作も無いこと。

念のため、もう一回、同じ手順を繰り返してみて、
確実なMy手順Docに落とし込みたい。

っていうか、平日にKernelBuild*2連チャンは辛いっす。

あと、GW(ゲートウェイではない)中は、
Silkworm3250(発注済)を交えてゴリゴリとやるかね。

必要な部材は全て揃うはずなので。

[PR]
by mdesign21 | 2010-04-27 02:40 | IT系