Metaphorical Dream

scst その2

QLA2342L(ロープロファイル版)を誤ってゲットしてしまったため、
ブラケットを外してPCIスロットに挿入してる(^^;
 ※
 汎用性のあるブラケットを探すのが面倒になり、
 別途、QLA2342を発注済なので、んまぁ予備用HBAってことで。

 誰か汎用性のあるブラケット売ってる店知らないかなぁ。

んで、光ケーブルを挿す際にPCIスロット挿入口を抑えようと
ゴリゴリしてたら、右手の人差し指を切ってしまった。

痛ッ(涙)

昨夜の続き。

OK1
 CentOS5.2 x86
 kernel2.6.26

で、FCのTargetとして、scstやqla2x00tgtの
サービスが正常起動するところまではOKでした。

しかし、デバイスを設定する際にNGを喰らっちゃいました。
以下、(1)も(2)もNG
 (1)
 dd if=/dev/zero of=/mnt/disk bs=1024k count=512
 scstadmin -adddev disk -handler vdisk -path /mnt/disk
 (2)
 scstadmin -adddev disk -handler vdisk -path /dev/VolGroup01/LogVol00
  or
 scstadmin -adddev disk -handler vdisk -path /dev/sda3

理由はOSが起動しているHDDの別パーティションで
scstadmin -adddevをやろうとしていたためと想定。
なので、HDDを新たに増設して(2)を実施したところOKでした。

その後、ESX4.0U1からFC-targetが正常に認識。
ESXにてLUNをマウントしVMFSv3にてフォーマット(といって自動でやってくれる)。

んでもって、ESX→FC-target上のLUNに2GBのisoファイルの読み書きOKでした。

なので、とりあえず、うまく行く方法は確立したので、
今度は以下の構成でやってみます。

っていうか、今Kernel Buildやってます。

 CentOS5.4 x86_64
 kernel2.6.33

ダメならkernel2.6.26に戻してみるよん。

ちなみに、scstをやり始めて、おぉ!と思ったんだけど、
FCoEに通じるところがあることに気付いたw

FCoE Driverの項目をじっくり読むと、
「Open-FCoEの開発場所は、scst svn上に含まれてるよん。」
「FCoEのhow toは、Open-FCoEのサイトへアクセスせぃ!」
っぽいことが書かれてる。

ってことは、今やっている方向性として、
当たらずとも遠からずで、
段階を踏んでいく必要がありそうです。

ここでの経験がFCoE=Readyとなったときにも
活きて来ると思えたよ。

結局のところ、SCSI規格におけるTargetとInitiatorの関係は変わらないので、
iSCSIしかり、FCしかり、FCoEしかり、原理原則を抑えておけば、
いくらでも応用できる部分があるんだろうなぁと思う。

ちなみに、InfiniBandまではいいかなぁ(^^;
それならいっそのこと大学にでも行った方が良いだろうし。
HPC分野となると、ちょっと超えちゃってる気がする、オレでもさ。

[PR]
by mdesign21 | 2010-04-27 00:34 | IT系