Metaphorical Dream

FC

本気でHadoopしていたら、年齢がincrementしちゃいましたw

寺子屋コンテンツもベーシックなところはほぼ完成し、
HadoopもそこそこにvSphereのAdvancedなところをやろうとしています。

その折、FCに興味をそそられ、最後の1台をポチったのは、つい先日。

HBAも調達開始しているところですが、
「スイッチ"も"欲しいよな?」と思ってしまったため、
少々時間を要しています。

FCがしゃべれるヤツっていう意味で。

とはいえ、本気で探すと、
幸いHBAのQLA234xが2Gbpsまでなので、
さほどハイスペックは不要となれば、
べらぼうな価格というワケでもない。(C万円くらい)

だから、ついでにゲットしてしまおうかと。

Amazonとかで、SANやFC関連の書籍を探すものの、
古い&少なく、こちらもC万円くらいなので、
「だったら環境構築しちゃった方が手っ取り早い」と判断。

取っ掛かりとしては、充分だろうと。

ちなみに、FCoEはまだまだ時期尚早であることが理解できたため、
もうしばらく様子見することにしました。

早くてもあと3年遅くて6-7年は掛かりそうなので。

CEE
 輻輳通知 802.1Qau Congestion Notification (CN)
 拡張伝送選択 802.1Qaz Enhanced Transmission Selection (ETS)
 優先度ベースフロー制御 802.1Qbb Priority-based Flow Control (PFC)

DCE(Ciscoのヤツ)
 上記3つに加えて以下2つ
 Data Center Bridging Capability Exchange Protocol(DCBX)プロトコルへの対応
 Link Layer Discovery Protocol(LLDP)標準(IEEE 802.1AB)の機能拡張

上記の一部は標準化済みではあるものの、まだ標準化に至っていない規格(Draft版)もあるので、
今ガッついてやるよりかは、FCを確実にモノにした方が得策と判断したわけです。

時間経過と共にiSCSIとFCoEの棲み分けも出来てくるだろうし。
標準化に時間が掛かり過ぎて、iSCSIにおいしいところを全部持っていかれるってことも、
有り得なくは無い話なので(笑)

40Gbps/100GbpsのEtherが出てきちゃうと、
「iSCSIでもよくねぇ?」みたいな。

ロスレスと言ったって、ドロップしまくったって話、あんまり聴かないなぁ。
QoSだって6-7年もあれば、別な方法が模索されてもおかしくないしね。


[PR]
by mdesign21 | 2010-04-21 00:46 | IT系