Metaphorical Dream

ESX4.0 iSCSI boot

ひょんなことから、ESX4.0でiSCSI bootをしようってことになったw

結論:今は無理!
理由:ドライバが。。。

現在使用中のNIC=EXPI9301CTには、82547Lが実装されている。

んで、82547LのRomを書き換えて、iSCSI Hardwareイニシエータを稼動させ、
iSCSIターゲット内のディスクを認識するところまでは成功した。

具体的には、ML115G5の起動中にCtl+Dをして、
EXPI9301CTのiSCSI Hardwareイニシエータ設定画面を出す。
必要な項目を諸々設定(※)し、元の画面に戻すと、
iSCSIターゲット内のディスクを認識した。
 ※
 iSCSIターゲット&イニシエータの設定ができる人なら、
 とりわけ難しい設定項目は無いので省略。

上記の状態で、ML115G5からHDDを抜く。

んでもって、ESXインストCDを入れてReboot。

ESXのインスト画面を進めていくのだけど、
iSCSIターゲット内のディスクを認識してくれない(涙)

よく考えれば当然なんだが、ドライバがねぇ。

な~んだ!そんなことか!と、VM社のサイトを物色。

82547Lチップ=e1000eドライバ
82575 or 82576チップ=igbドライバ

ってことで、そもそも違うっぽい。

ダメ元で、igbドライバをDLし、ESXインスト中にigbドライバを読み込ませたが、
案の定、iSCSIターゲット内のディスクを認識してくれない。

やはりアーキテクチャが違うのだろうと妙に納得してしまう。

ちなみに、82576チップが実装されたNICを物色したところ、
E1G42ETってのがあるっぽい。

2万円以下でゲットできそう。

でもさぁ、ML115G5に4つもNICを搭載してどうすんの?感は否めない。

決して2万円が惜しいわけではないんだが、無理にゲットする必要もない気がする。

E1G42ETを搭載させたところで、iSCSIbootできる保障はどこにもないし。。。

んまぁ、これは時間が解決してくれるだろう!(※)ってことで、
一時保留とすることにしましたw
 ※
 失敗しても痛くない(良い勉強代と思える)値段に下がるまで待つってこと。

例えば、数十万円でStorageをゲットしている状態で、
2万円ケチるな!ってことならば、わからなくもないが、
1台5~6万円の鯖に2万のNICを突っ込むか?ってことになると、
なんだかなぁ~という感じなわけです。

CPUより高いNICだろ?ってな感じw

ちなみにちょっと補足すると、82547Lでも、
ESXではなく、普通のWin鯖(F6起動)なら、
Intel純正のiSCSI対応ドライバをインスト時に読み込ませれば、
iSCSI bootは可能になる。

もちろん、LinuxでもGrub上でコンパイルしてあげればOKっぽい。

実際にiSCSIターゲット内のディスクを認識したときに
パケットキャプチャしたんだけど、通常のiSCSIシーケンスが確認できたw

普通のIntel NICがHBAのように動作してくれたのには少々感動したw

だけど、こっちはあんまり興味がないのでスルー。

ただ、興味がある人なら、82547Lは4000円でお釣価格なため、
良いお勉強になること間違いなし!

[PR]
by mdesign21 | 2009-12-05 03:47 | IT系