Metaphorical Dream

ESX4.0 DPM その2

断念することにした。

 1.Enhanced AMD PowerNow!
 2.AMD PowerNow!

全くの別モノなのねん(涙)

 1.はOpteron系以上で対応
 2.はそれ以下のしょぼい系で対応

しかも、現行OpteronだとSocketFとなっていて形状が違う。
1世代前のAM2形状のOpteron(12xx系で12000円弱)もあるにはあるけど、
それで失敗したら、(涙)が止まらない、たぶん。

それにきっと失敗すると思う。
だって、
 CMOS:90nm SOI
なんだもん。

オレが使ってる9305eが65nmなことを考えると、
ありえないと思う。

なので、ここは潔く断念することにしたw

ただ、DPMを実施する前提として、スタンバイモードへの切替を実施するのだけれど、
そこで出てくるメッセージがDVFSとは関係無い気がしなくもない。

e0113173_025158.jpg


オレの使っているNIC*4個は、いずれもWake on LANには対応してて、
vCenterServer上において、Wake on LAN対応=Yesと表記されているんだけどねぇ。

ちなみに、クラスタの
 「コンプライアンス非準拠」
ってのに引っ掛かっていると思われる。
e0113173_0102436.jpg

また、
 「VMotionNICの速度が少なくても1000Mbpsではありません」
 「FTログ記録NICの速度が少なくても1000Mbpsではありません」
っていうのは、誤認識じゃないか?と思ってしまう。

Cat2950*1台構成から、Cat2950*1台、Cat3560*2台構成に変更し、
GigaNICの受け口を確保したんだけどねぇ。

やっぱ、Gigaスイッチじゃないとダメなのかねぇ。

「DPMはちょっぴり敷居が高かったぜ!」ってことで、許しておくんなさい。

n1kvに進みたい所もあるので、DRS&DPMはこの辺で一時終了。

あともう一歩のところで、辿り着けないのは、やっぱりちょっと悔しいなぁ。
CPUは致命的だから、しゃ~ないかぁ。。。

、、、あ!
でも、StorageVMotionなら出来そうな気がしてきたw

[PR]
by mdesign21 | 2009-10-29 00:10 | IT系